2015年12月24日

シルエット

古い布と新しい布を組み合わせて作るパッチワークが好きで
ちょっとした時間に“切っては繋ぎ”していたら、ずいぶんたまった。
20年以上やっているので、1年にしたら1枚も作っていないけど、
それでも箪笥から引っ張り出してみると、けっこうある。

PC240233-2.JPG

黄色いのは初めて作ったキルトで、こげ茶のラインが入ったのが2枚め

IMG_4926-2.JPG

眺めると、その頃にあったこと、考えていたことなど、心に浮かんでくる。

IMG_4927-2.JPG

この赤白ギンガムと西洋の古い生活が描かれた布が組み合わされた素敵なキルトは、親しかった友人Rosaが贈ってくれたもの。

IMG_4928-2.JPG

赤白ギンガムのキルトに合わせて、近い色を組み合わせたサンタクロースのキルトを作ったけど、Rosaが急に亡くなってしまい、見せられなかった。

お天気の良い日の日当たりを、メロディと楽しむ。
メロディ、私から見るとシルエットになって

PC240231-2.JPG

このあと、ケーキ屋さんへブッシュドノエルを引き取りに行った。

IMG_4931-2.JPG

posted by mama-dog-melody at 18:26| Comment(4) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎年新しい図柄をキルトで作って、その写真をクリスマスカードにして送ってくださる友人がいますが、キルトの魅力ってはまるとスゴイのでしょうね。
色合わせに素朴感が溢れていて、個性豊かです。

あ、それと、なんとお洒落なケーキなのでしょう。
12月はお誕生日月なので、平凡ないちごのケーキでお祝いしました。
Posted by とんとん at 2016年01月04日 11:11
とんとんさん
ご自分のキルトで作るクリスマスカード、素敵ですね。
必ず思い出のある古布をいくつか使うことにして、それを中心に色合わせを考えるのが楽しいです。

12月 お誕生日おめでとうございます!
苺のケーキはとっても美味しいですね♪

写真のケーキは、毎年ブッシュドノエルを注文でお願いしている「歌譜え」のお菓子です。以前はお店で販売されていたのですが、いまは注文販売のみにしていらっしゃる主婦パティシェさん。
こだわりの材料を使って丁寧に作られていて、本当に美味しいです。
Posted by mama-dog-melody at 2016年01月04日 12:39
パッチワーク、絶対にできませんが、好きですw
1枚1枚、思い出があるのですね。メロディママさんが丁寧に作られたキルト、すごいです!
おともだちからの生地はアンティークのお皿の絵付けにあるような素敵なものですね。
見てもらえなかったのは残念ですが、こんなきれいなキルトになって、喜んでらっしゃると思います。

ブッシュドノエルは以前の記事にあったメロディママさんお気に入りのケーキ屋さんですね。
美味しそう♪
Posted by のばら at 2016年01月04日 14:50
のばらさん
そうです。なにかストーリーのある布を使って作るというこだわりはあるんです。でも、ぜんぜん丁寧じゃありません。
丁寧に見えますか?ふふっ、まわりとかはミシンですよ〜。
友だちのプレゼントの布のプリント、ほんとうにデルフト陶器の絵みたいです。

ブッシュドノエル、とっても美味しかったです。
イチゴとラズベリーがうまく使い分けられていて、大人の味。添えられた栗は甘皮煮でした。
Posted by mama-dog-melody at 2016年01月04日 19:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: