2016年10月28日

ゴッホとゴーギャン展

東京都美術館で開催している「ゴッホとゴーギャン展」を見てきた。
上野駅から国立西洋美術館の前を過ぎて動物園の手前を右の方へ歩くのだけど、そのあたりに立っている看板の近所で、よく知っている秋の匂いがしてきた。

IMG_9163-2.JPG

そうか?と、道路から外れて、林の中にずんずん入っていくと、匂いは強くなり、やっぱり落ちていた。
落ちていたなんていう数ではなく、どんどん降ってきていた。銀杏。

IMG_9143-2.JPG

急いでいたので拾えなかったけど、すごかった。

IMG_9145-2.JPG

誰も拾わないのかな?と思いながら、美術館に着いて東門から入ろうとしたら、そこにも大きな銀杏があり、落ちる銀杏を、せっせと塵取りに集めるおじさんがいた。

IMG_9154-2.JPG

展覧会memo
自画像と風景画がよかった。

ゴッホの自画像は3点並んでいた。パリでのゴッホの心境の変化が見えるように思えた。
No.16 <パイプをくわえた自画像> 1886年 暗い赤の背景に正装した白い顔、画家の決意が見える自画像。
No.18 <自画像> 1887年 青いジャケットのゴッホがこちらを見つめる、鋭い目の寂しい自画像。
No.22 <パイプと麦わら帽子の自画像> 1887年 輝く背景の中の麦わら帽子のゴッホ、こちらを見ているが、目は内向き。自分の内面しか見ていない自画像。

ゴーギャンの自画像は1点。
No.9 <自画像> 1885年 青ざめた自画像。真面目で内省的なゴーギャンの人柄が見える自画像。

美しい風景
No.21 ゴッホ 1887年 <モンマルトル、ムーラン・ド・ラ・ギャレットの裏>
No.64 ゴーギャン 1894年 <ブルターニュの農場>

【関連する記事】
posted by mama-dog-melody at 14:25| Comment(6) | 映画・絵画・TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいですね、ゴッホとゴーギャン展。
行きたいです。こっちにも来るのかな?
調べてみよう。

ギンナン、拾って洗って乾かして・・・
好物なんですよ。
でも、拾って洗っても、あの香りは消えないものね。
持って帰るの、勇気がいります (^_^;)

Posted by assam at 2016年11月06日 14:21
Assamさん
ゴッホとゴーギャン展、良かったです。

このURLに、<オランダ政府観光局・中川局長によるプレスツアーレポート>というのがあり、面白かったです。時間のある時にご覧ください。
http://www.g-g2016.com/aichi/info_article6.html

おいしい銀杏。
食べるは幸せ、拾うは苦労、ですね。
上野の森に拾いに行きたいけど、車でも電車でも、持ち帰るのが大変ですよね〜。
Posted by mama-dog-melody at 2016年11月06日 16:44
ギンナンを集めていたおじさん、お料理するつもりだったのかしら。
近所で拾ってお皿いっぱい茹でて以来、もう大変なので拾うの止めました。
絵画音痴なのですが、テレビで連日宣伝している『禅』、行ってみたい気がします。
Posted by とんとん at 2016年11月06日 18:24
銀杏!という字を見ただけで、あの匂いが漂ってくるよう〜w
やっぱり誰も拾わないんですねw

ゴッホはたくさん自画像を描いているんでしたっけ。
そのときの心境が読み取れるような自画像、こちらの心にも残りますね。
私も美術館に行きたくなるなぁ!
Posted by のばら at 2016年11月06日 23:01
とんとんさん
銀杏、箒と塵取りでさっさと集めていたので、どうするつもりかしら?・・尋ねてみればよかったです。
『禅』・・見たいですね。
大好きな『ジェイソン・ボーン』(映画)もまだ観ていなくて、見たいものが多いです。
Posted by mama-dog-melody at 2016年11月07日 18:23
のばらさん
銀杏、食べるのは得意、なんですけどね。
あの匂いは、実がつぶれると強く匂うので、そ〜っとつぶれていないのだけ拾って、持ち帰ることはできるかと思うのですが、中身を取り出して洗うときに匂うのはどうにもならないでしょうね。

画家が自画像を描く理由の一つは、モデルを雇うお金がないから、だそうです。ゴッホもその理由から自画像で人物の練習をしたらしいのですが、初期には自画像もなくて、それは大きな鏡を持ってなかったからだといわれていますw
美術館、いいですよね。空いている時間を狙います。
Posted by mama-dog-melody at 2016年11月07日 18:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: