2017年02月05日

カワセミ-2

IMG_1391.JPG

1月にカワセミを見てから、散歩では川の方へ足が向きがちなママ。
湧水のあたりの石垣に、静かに止まっているカワセミを発見。

鳴くことが少ないカワセミは、シジュウカラのように声で気づくということがない。
代わりに、きらめく羽の色にハッとさせられて、気づく。
その気づく瞬間が魅力。
この時も、葦の生える川を挟んで向こう側の石垣に、青色が見えたような・・

IMG_1392.JPG

さて、「葦」。
アシと呼ぶか?ヨシと呼ぶか?
アシとヨシは同じ植物。平安時代までは「アシ」と呼ばれていたのが、「アシ」が「悪し」に通じて縁起が悪いから「ヨシ」(良し)となったという。
私はアシと呼んでいたので、平安人か・・


posted by mama-dog-melody at 17:43| Comment(2) | 散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
むむ、1枚目はわかりにくいけど、2枚目はちゃんとわかる!
いますね!カワセミ
今日はいるかな?と思うと、足が向いちゃいますよね。
わかる!

人間は考える葦である
これは絶対「あし」ですよね!
私もパスカルも平安人かw
Posted by のばら at 2017年02月05日 20:14
のばらさん
もうね、1枚目の状態で、なにか青い気配を感じるんですよ〜。
カワセミ、静かに座っているので、目を凝らさないと気づかないです。
川の脇道では、メロディは私に合わせて歩いてくれるけど、まわりから見たら、おかしな歩き方になっているかもしれないですw

ああ!パスカル先生!
「アシ」って言ってますね。平安人か!
子どもの頃ふざけて、“考える「足」”っていうのが流行った(?)、だから、「ヨシ」じゃないw
Posted by mama-dog-melody at 2017年02月06日 09:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: